オイルの力で妊娠線が消える方法

オイルなどを使用した妊娠線が消える方法もあるんですよ。

どんなオイルが効果的なのか、
本当に効果があるのかについて調べてみました。

〇オイルを使用した妊娠線が消える方法とは

オイルを使った妊娠線が消える方法もありますよ。

オリーブオイルの化粧品ようやベビーオイルならば
体に使用しても大丈夫なんです。

くせがなくて刺激ないのでおすすめなのが、
ホホバオイルです。

食用オイルではなくて、精油されたオイルの中でも
高純度で化粧品ように作られているものならば、
お腹に使用しても大丈夫なんですよ。

妊娠線が消える方法というよりかは、
肌の保湿のためにオイルを使用する、という感じです。

肌が乾燥することで、妊娠線が出来やすくなりますン度絵、
普段から乾燥予防にオイルやクリームを使用して
保湿を心掛けるのはとても大事です。

出来てしまった妊娠線を綺麗に消す、というのは難しいですが、
精油を使用するということでもっとひどくなるのを避けたり、
柔らかい肌にして、妊娠後期に感じやすくなる張りをケアします。

〇オイルを使い続ければ妊娠線は消せるのか?

マッサージ、保湿のために精油やオイルをお腹に使えば、
いつかは妊娠線が消えるものでしょうか?

妊娠線が消える方法としてこの方法について考えると、
精油で妊娠線が綺麗になくなるまでには、何年もかかります。

というのも、表面から妊娠線を見てもわかるでしょうが、
妊娠線って皮膚の深いところまで、引き裂かれてしまっています。

お腹にある方は、わかると思いますが、
出来てしまう時は結構痛いんです。

お腹の張りが強くて痛い、という時と同じ感じです。
産後に出来てしまう妊娠線も似たような痛みがあります。

皮膚の内部が裂けて割れている状態なので、
ケガと同じようなものがたくさん出来ている、ということです。

新しく出来た妊娠線をすぐに見つけて精油やオイルで保湿し、
マッサージを行えば、治る可能性は高くなります。

でも、なかなか気付くことが出来なくて、その状態が長ければ、
妊娠線が消える方法としてオイルを使っても難しいでしょう。

綺麗に消すまでには、お腹の真皮がサイクルで新しくなるまで、
5年間かかってしまいますので、そのくらい保湿をしっかりと
行わなくてはいけない、ということになります。

オイルを使ったとしても、努力がないと無理です。

オイルと一緒にスクラブも使用して、古い角質を落とすと
もっと効果がアップするとのことなので、
産後落ち着いて体調が戻った頃に、スクラブも使ってみて下さい。

スクラブは、やりすぎるのも肌にダメージを与えるので
気を付けて行ってくださいね。